コーヒーの淹れ方 まとめ 1


写真 short tail

寒い季節はコーヒーが飲みたくなりますね。あなたはどんなコーヒーが好きでしょうか?

コーヒーの淹れ方は様々あります。

今回はいくつか紹介してみようと思います。

そんなの知ってるよって方も良かったら見ていってくださいね。


写真 自家焙煎 珈琲まめ坊ペーパードリップ

<1>ペーパードリップ

様々なコーヒーの淹れ方がある中で日本で最もメジャーなのがペーパードリップ。円錐型のコーヒー器機(ドリッパ)に、紙のフィルタをセットし、挽いたコーヒー豆を淹れて、上からお湯を注ぎ、抽出する方法です。いわゆる透過法というやつです。家庭でコーヒーを淹れるのも、この方法が多いと思います。やったことある人も多いかもしれませんね。意外にお湯を細かく淹れるのが難しいんですよね。でも、うまく淹れられたときは嬉しいです。コーヒーメーカーなんかもこの方法を多く採用しています。ドリッパも一つ穴のもの(メリタ式)、三つ穴のもの(カリタ式)などがあり、様々で淹れ方も変わってきます。ペーパードリップに関してはまた細かく話できればと思います。

<2>ネルドリップ

ネルドリップはドリップ法の一つであり、ペーパードリップでペーパーを使うところを、綿の布を使って、コーヒー粉をこす方法です。ペーパーとの最大の違いはネルは油分を通すということにあり、そのため、コーヒーの味がまろやかになります。ネルフィルターの手入れが重要らしいです。CAFE DE GARCON(カフェ ド ギャルソン)DE STIJL KOFFIE(デ スティル コーフィー)をはじめ、ネルドリップで淹れているお店は仙台でもたくさんあります。ペーパーとの違いを味わってみてください。


写真 道玄坂サイフォン

<3>サイフォン

サイフォンは日本ではドリップ式と同様に以前から利用されていた抽出方法です。コーヒーサイフォンと呼ばれる器機を使って淹れるところは「化学の実験か」と思わせ、見ていておもしろいです。気圧の差によって、湯を移動し、コーヒーを抽出します。手で淹れるドリップに比べて、味が安定すると言われています。上写真の道玄坂をはじめ、仙台でもいくつかサイフォンで淹れているお店があるので、ぜひ飲んでみてください。

<4>エスプレッソ

フランスやイタリアで良く飲まれているコーヒーです。エスプレッソマシンというもので淹れることができます。高い圧力をかけて、コーヒー液を抽出します。正直初めて飲んだとき、「苦い!」て思いました。(笑)イタリアなんかでは、バールと呼ばれる場所で、朝の目覚ましに一杯飲んで仕事に出かけたりする文化があるみたい。エスプレッソはカフェラテやカプチーノを淹れるときにも使われますね。エスプレッソマシンは電気式以外に直火式があり、家庭でも淹れることができるので、良かったら挑戦してみてくださいね。


写真 喫茶ホルン フレンチプレス

<5>フレンチプレス

手軽においしく淹れられると最近注目されてるのがフレンチプレスです。粉を入れて湯を注ぎ、プレスするという浸漬法でコーヒーを抽出します。油分が溶け出し、味、香りがでやすいと言われています。豆の味を最大限出す抽出方法なので、豆の善し悪しが味に関わってくるとか。器機もたくさん販売されてるみたいです。フランスの家庭などで良くこの方法で淹れられてるみたいですよ。お試しくださいね。




コーヒーの淹れ方は様々あり、好みもそれぞれだと思います。お店で出されたコーヒーに対して、「これはどんな方法で淹れられてるのかな」などと考えたら少しおもしろくなるかもしれません。家で自分で淹れてみても、おもしろいかもしれませんね。カフェや喫茶店で豆も売ってますので。個人的にはコーヒーは人に淹れてもらえるのが一番おいしいですね。これは映画の「かもめ食堂」引用です。(笑)今後もコーヒーや紅茶のトピックを立てていきたいと思います。