ぽちゃキャバにもあるキャバクラの「体入」って何?

  • Pocket
  • LINEで送る

キャバクラ、ぽちゃキャバの「体入」について

ぽちゃキャバなどのキャバクラで働きたい時、どのような流れで入店するのでしょうか?
いきなりお店に行って「働かせてください」と言えば「はい、今日からお願いします」と言われるわけではありません。

まずはお店の採用担当者に連絡し、次に面接。
面接をパスすると体験入店となり体験入店で「ちゃんと仕事が出来る子だ」と認められて初めて本入店に進めます。
どんなベテランキャバ嬢も、体験入店を経て本入店されていますよ。

女の子

え?待って。体験入店って何?

体験入店とは?気になる人も多いと思います。
体験入店(=体入)とは、面接を通過した女の子のためにいきなり正式な入店をする前に「一晩お試しで入店する」こと。
→参考サイト

体験入店とはいえ、普通の勤務と同じくきちんとヘアメイクをして、
キャバ嬢としてのコスチューム(ドレスやワンピースが多いですよ)を着て実際にお客様の接客をします。

いきなり接客だとビックリしますが、開店前にお店のスタッフからお酒の作り方や簡単なハンドサインの出し方などを教えてもらえるので大丈夫です!
キャバクラは覚える事が多いですが、体入時の仕事の内容はそれほど難しくありません。

体験入店ではスタッフが優しく教えてくれるのが普通なので、先輩キャストやスタッフの指示に従って接客すれば問題ありませんよ♪
ただお試し入店なので、出しゃばったり他のキャバ嬢のお客様を横から奪うような事は避けてくださいね。

こちらもお店のことを事前に知れる

体験入店のメリットはお店と女の子双方にあります。
お店側からすれば、本入店前に女の子の接客レベルやお客様受けするかどうか見極める事が出来ます。
また女の子の側にもメリットがあるんです!
それは…

体験入店による女の子側のメリット

・水商売が性に合うかどうかが分かる
・お店の雰囲気が分かる
・同僚の女の子同士の雰囲気が分かる

水商売は向き不向きがあり、誰でもスイスイ出来る仕事ではありません。
煙草の匂いが我慢ならない、うるさい環境でずっと接客出来ない、男性客と上手く話が出来ないなど仕事がしにくいと感じる女の子もいます。
本入店の前に一晩お試しで仕事をしてみると、キャバクラで本格的に働けるかどうかが分かります。

もちろん女の子が「ぜひ働きたいです」と思っても、お店側から入店をお断りされるケースもあるので要注意!
女の子とお店側、双方の合意があって初めて本入店となります。

関連記事

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。