脱・ぽっちゃり女子!ダイエットするなら捨てるべき考え方

  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットするならこんな考え方は捨てよう

ぽちゃキャバ嬢

ダイエットを成功させた後なので言える事ですが、その人の体はその人の生活態度や生活パターンを反映しています。
痩せている女の子の食生活を観察した事がありますが、あまり食事を摂っていなかったり、大食いの方でも工場勤務や看護師など体を良く動かす仕事に就いているケースがありました。
もちろん工場勤務や看護師が皆痩せているわけではありませんが、食生活だけではなく生活習慣もその人の体を作る元になっているわけです。

生活習慣はそもそも人の嗜好を反映するケースが多いので「たくさんご飯を食べて、出来ればずっと横になっていたい」と言う方はそういう生活をしてしまいます。
中には「痩せの大食い」と呼ばれる人もいますが、普通はたくさん食事を摂って寝てばかりいれば太って当然ですよね??

つまり丸々と肥えた貴女の体は、だらしない生活、毎日たくさんの食事を摂る生活、運動不足などを体全体で表現しているわけです!!

本気で痩せたいなら、生活パターンはもちろん甘い発想を根本から変えなければなりません。
ダイエット成功のために捨てるべき発想をこれからご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

①食べることでストレスを解消したい

食べる事でストレスを解消している方、結構多いのではないでしょうか?

キャバ嬢は接客業なので、人と接するストレスを溜め込んでしまいます。
また日常生活でも、友達や彼氏と口喧嘩したり体型の事をからかわれるなど、ストレスが溜まるような状況は多いです。

そんなストレスを食べる事で解消するのは有りですが、食べ過ぎると当然ですが太ってしまいますよね。
ストレスを解消するには食べるだけではなく、森林浴やドライブ、旅行、お喋り、ウォーキング、カラオケなどたくさんの方法があります。

食べる以外の方法でストレス解消法を見つけておかないとストレスが掛かるたびに爆食…。
これでは永久に痩せられません!

②運動はキツいから楽して痩せたい

体重が90㎏以上の頃、ちょっと動いただけで動悸や息切れがしてしまい、長時間の運動はとても出来ませんでした。
太っていると心臓に負担が掛かり、無理な運動をすると心疾患で重篤な状態になる可能性があるそう。
そのため太った方が長時間激しく無理な運動をするのは厳禁です!

ただ、歩いたり自転車を漕ぐなど、穏やかな運動をするのは問題ありません。
平坦な場所を歩くのであればそれほど負担にはならないはずです。

「絶対に痩せてやる!」と思うと激しい運動をしてしまいがちですが、実は適度な負荷の運動を長時間続ける方が脂肪が燃えるので、ウォーキングがお薦め!

「運動はキツいから楽して痩せたい」と思う方も多いかもしれませんが、私は歩いた後に食欲が減退してスムーズに体重が落ちていきました。
また歩くと筋肉も鍛えられダイエットの効果がアップします。
特にウォーキングは心肺機能や心機能を鍛える事ができて、新鮮な酸素も体に取り込めるため新陳代謝も高まります。

運動せずに摂取カロリー量を落として痩せる事は出来ますが、そうすると筋肉が減り「やつれて」しまいます。
筋肉があればそれだけ消費されるカロリーが増えるので、やつれるとリバウンドしやすくなり逆効果です。

健康的に痩せるためには運動は不可欠!
ただ鬼のようなトレーニングや激しい運動では長続きしないので、無理のないウォーキングから。

③運動や筋トレはやる時間が無い(と思い込む)

運動や筋トレはまとまった時間が無いと出来ない、と思い込んでいませんか?
私もそう思っていたのですが、駅を1つ前で降りて20分間歩く、出来るだけエスカレーターを使わずに階段を使って歩く、少し早歩きで歩くなど日常生活で出来る工夫はたくさんあります!

ダイエットのためにぽちゃキャバを辞めた後コンビニでしばらくバイトをしていましたが、休憩時間にバックヤードで壁を使った腕立て伏せをしたり、レジに立っている間に足首を回す、その場で足を上げてちょっとした運動する工夫は出来ました。

「時間が無いから運動は無理」と言う気持ち、よーくわかりますが、まとまった時間にガッツリ運動するだけが全てではありません。
隙間時間に体を動かす方法でもOKです!

「運動は1時間以上継続しないとダメ」「暇がないとダイエット出来ない」は思い込み。
隙間時間を有効活用すれば、ダイエットのための運動は可能です!!

コレで脱・ぽっちゃり!

・ストレス発散は”食べること”以外の方法をみつける
・平坦な道をウォーキングするだけ(長時間だとなお良し)
・普段の生活の中に運動は取り入れられる(ながら運動もOK)

関連記事

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。